政府の借金で国家破綻とか有り得ない☆☆☆

廣宮孝信の著書.政府の借金がGDP比で日本ほど高い国はないから日本は国家破綻の危機であるとかマスコミで何度も言われている.このため我々はそれをただ盲目的に信じて,将来の日本を悲観している.ところがその理論は完全に間違っているということをこの本は教えてくれる.そもそも国債の利率が最も低い国がどうして破綻しかけているのか?結局のところ日本は金融後進国であるためこのような誤解がまかり通るのである.様々なデータや貨幣の歴史から今後の日本の取るべき政策を導いている.株で勝つための本ではないが経済の予測力をつける,マネー経済を理解するという意味では非常に意義がある本.

投資スタンス

基本的に投資には何の役にも立たない本.しかし資本主義を生き抜く上で必要な「考え方」をこの本は提供してくれる.物事を猜疑的な目で見て真実に近づくための力がこの本を熟読すれば得られるはずである.

要求レベル

それなりに難しい.特に後半は内容がだんだん入り組んでくるので理解するにはじっくり読んでいく必要がある.前半は論旨も明確でわかりやすい,また本書の核は前半にあると思われるので後半は時間が十分にあるときでも読めばよい.