株価とニュースの関係を説いた教科書☆☆

円高になると輸出企業の株価が下がるとか,金利上昇面では株価が下がるが有利子負債が少ない企業は買われやすいなど様々な相関を説明した教科書のような本である.しかしどの要素がどのくらい株価に反映されるのかがよくわからないし,この本はあくまで教科書のため実際はもっと異なる動きをする事も多い.そういった意味で投資で勝つためにはあまり役に立たない本だといえる.

投資スタンス

ニュースが出たときの株価の動きを解説している.しかしニュースが発表された時にはもう株価に反映されてしまっている事が常なのであまり知っていても役に立たないものが多い.また実践的なものとして,いつ頃株を仕込んでおけば良いのかというような事も多く書かれているが,そんな事よりもきちんと経済の動きを読んで投資を行ったほうが一般的には利口であると思われる.

要求レベル

優しい.しかしこの本では勝つ事はほぼ不可能

この本の読み方

初心者ならば基本として参考にするのが良い.株とニュースの因果関係がかなり多く書かれているため中級者以上でも目を通してみると何か抜け落ちていたものが発見できるかもしれない.