まずは政策金利に着目

どの通貨が強く,どの通貨が弱いかは基本的には政策金利の差と貿易収支によって変わる.政策金利は景気の拡大期では,インフレを抑えるために拡大し,景気の後退期ではお金を使いやすくするように下降させるのが普通である.そのため景気拡大期ではどの国の景気がすぐに回復するかを見極める必要があります.特に消費者物価指数の上昇とGDP,雇用統計辺りに着目している模様で,これらの値が他国と比べて良くなると政策金利の上昇が見込まれその国の通貨が高くなります.オーストラリアはいち早くサブプライムローンから立ち直ったため,早期に政策金利が上昇し豪ドル高となりました.一方日本は景気が常に悪いため,政策金利は低いままです.よって景気拡大期では次第に円安になっていく事が予想されます.逆に景気後退期は各国が上がった政策金利を下げ出すために円が相対的に強くなり,円高に向かいやすくなります.

サブプライムローンで急激に円高になった理由

サブプライムローン前,各国の政策金利が高い状態で日本はデフレ脱却を意図してか低いままであった⇒このため日本の銀行の金利は低いままであり,日本の通貨を持っていても資金が増えずうまみが無いと皆が感じるようになった.⇒金利が高い外貨預金がブームとなる,更にFXもはやり出しレバレッジをかけることが主流になる⇒景気が悪くなってきたため各国の政策金利が下がり投資妙味がなくなってきたため一気に資金を他国通貨から円に引き上げる⇒急激な円高が加速
というような流れで円高が進んだ,レバレッジでの取引量は年毎に拡大中で通貨危機のリスクは年々高くなりつつあると思われる.

貿易収支にも注目

貿易輸出国である日本は円高になりやすい

日本の製品を海外で売って外貨を得たとしても,日本で使うには円に戻さなければならないため円高圧力がかかる.なので日本は慢性的な円高構造である.しかし円高になりすぎると輸出企業に良くないため円をドルに交換し,米国債を買うなどしている.実際米国債の保有高は日本がNo1である.米国債を多く保有している事も円を信認する一因となっている.他国についても同様で,貿易収支が黒字の国は自国の通貨が高くなり,赤字の国は自国の通貨が低くなる.円高圧力が最も高くなるのは日本の決算前の2月であるので(決算前は配当金などを払う都合上海外投資資産を自国に戻す傾向がある.専門用語でリパトリと呼ぶ)この時期は注意しよう.

投機筋の動きに注意

為替差益のみを狙う機関を俗に投機筋と呼ぶが,彼らがショートかロングのどちらのポジションの建玉が多いかを確認する必要がある.政策金利が低い通貨で買いポジションが多い場合はいずれ売り戻されるのは明白である.建玉情報はCME建玉情報で最新のポジションが確認できるためたまに目を通しておくと良いだろう.

その他の要因

対外証券投資,対外直接投資,対内証券投資,対内直接投資.原油価格など様々な要因がありますがあまり多くの事を同時に考えるのも難しい+管理人がこれらの要因が為替に及ぼす影響については調査不足であり,明確な投資方法を開発していないためそれほど重要でないです.ただし経済動向を読む上ではこれらの用語は押さえておいた方が良いです.